東京 保育園 看護師求人


東京で保育園求人をお探しの看護師さんへ

近年、看護師さんの活躍の場も広がってきており、医療業界だけではなく保育業界で働きはじめる看護師さんも増えてきているんですね。

2007年に厚生労働省が私立保育園への看護師の配置促進を開始したという事もあり、看護師を必要としている保育園も増えてきており、実際に看護師求人を見てみると保育園求人も頻繁に見かけるようになりました。

保育園での看護師の役割は子供の健康管理がメインになり、看護師の視点から健康指導をしたり、子供が風邪を引いた時やケガをした時の対応、予防を行います。

また、保育園の子供だけではなく、子供の親御さん、保育園で働いているスタッフの健康管理も健康管理・指導を行っていきます。

ただ、保育園で勤務している保育士の数は少人数になる事が多いです。看護師の配置が1人という保育園もあります。

そのため、子供になにかあった時は自分で判断して臨機応変に対応しなければいけません。もちろん、子供も周りの保育士さんも看護師さんを頼りにしている事もあるので的確な判断が求められてくるんですね。

経験が浅い看護師さんですと、どうしても判断に遅れてしまったり、的確な対応ができないという恐れもあり、保育園側は看護師さんに豊富なスキルと経験を求めてきます。

保育士の看護師求人をみても実務経験が必須条件になっている求人も多くあり、それだけ重要な役割を担うお仕事になります。

看護師が保育園で働くメリット

保育園で勤務する際、看護師さんには様々なメリットがあります。

まず挙げられる事は夜勤・残業がないという事です。一般的な病棟ではに入院患者がいて24時間の看護体制になっており、夜勤はどうしても行わなければいけません。

しかし、保育園勤務だと子供たちは皆夕方に帰宅しますし、患者さんの看護師をしている訳ではないので夜勤・残業はありません。

規則正しい生活のリズムも保つ事ができ、身体への負担も病棟勤務と比べると少ないです。落ち着いた環境で仕事がしたい、身体への負担が軽い、という事で保育園勤務を希望する看護師さんは多いです。

また、休日もしっかり取る事ができ、多くの保育園では土日休みの週休2日制です。プライベートの時間も十分に確保する事ができる。こういった事も保育園勤務の保育士さんの大きなメリットになります。

残業・夜勤がない、土日が休み、だと家事や育児とも両立しながら働く事ができますし、保育園だと子育ての勉強もする事ができますよね。

このように看護師さんにとって保育園で働くメリットは多くあります。どれも病棟勤務にはないメリットばかりになるので年々保育園で働く看護師さんが増えてきているんですね。


関連記事